動物

猫の病気に多い皮膚病について知る|いつまでも元気でいてもらう為に

愛くるしい表情の小型犬

犬たち

小型犬はトイプードルやミニチュアダックスフンドなどの洋犬が人気ですが、古来から日本人に親しまれている柴犬のコンパクト版である豆柴の人気は急上昇中です。室内で小型犬を飼いたいと考えている方は、和犬である豆柴を家族に迎え入れてはいかがですか。

ペットとの別れと供養

墓

大阪でもイヌやネコなどのペットと暮らす家庭は多いです。しかしペットには寿命もあるので、やがて別れの時期もやってくることを考えておかなければなりません。もしもの時に慌てて十分な供養ができないなんてことにならないように、ペット供養を考えておきましょう。

ジャックラッセルは活動的

複数の犬

日本で上位の人気を誇る小型犬のジャックラッセルテリアは、引き締まった筋肉と猟犬時代のこともあって体力が豊富です。一日の運動量が大型犬並みと手間はかかりますが、被毛の手入れに関しては手間はかからないです。攻撃的なところがあるので、しつけと関係性を正しく行うと良いです。

ペットの病気を理解しよう

猫

BreederONE

成約特典が非常に豪華だと話題になっていますよ。ヨークシャテリアを購入したいならこちらへどうぞ!こだわり検索も可能です。

近年猫がブームであり、TVでは、毎日のように取り上げられています。そのため、猫を飼いたいと希望している人も多いでしょう。猫はペットショップで購入するだけでなく、野良猫を保護して飼っている人も沢山います。初めて猫を飼う場合には、飼育方法だけでなく、病気の内容もいくつか理解しておくと安心でしょう。外にいた子猫を保護した場合、ノミやダニが身体にいる可能性高いです。ノミやダニがいると、毛が抜けたり、かゆみが出るなどの皮膚病になる事があるので、よく観察するようにします。もし、必要以上に身体を掻いている、グルーミングの回数が多い、毛が抜けて皮膚が炎症を起こしているなど、症状が出ていれば、すぐに病院で診てもらいましょう。

猫も人間同様に、様々な病気に罹ります。大切なペットの健康を守るのも、飼い主の重要な仕事なので、体調や身体の変化は、常にチェックしてあげましょう。全身毛に覆われている猫は、実は皮膚病になりやすいです。その特性ですが、ノミやダニによる寄生虫、細菌やカビ、アレルギーやストレスなどが原因で起こります。皮膚病になると、その部分の毛が抜けて地肌が見えてくるので、比較的気が付きやすいでしょう。猫は綺麗にするために、自分で身体を舐める習性があります。もし、同じところばかり何度も何度も舐めていたら、確認してあげましょう。また、季節の変わり目になると、毛が生え代わるため、大量に毛が抜けてきます。これは皮膚病ではなく、自然な事なので、必要以上に心配する必要はないでしょう。